脱毛するならレーザー脱毛の本当のわけとは

エステの光脱毛では威力が弱すぎる

本気で脱毛したいならレーザー脱毛がいいとよく言われます。でもエステの光脱毛の方が値段も安いし、営業時間も長いからといって光脱毛に手を出す方が多いのが実情です。確かにそれほどお金が自由に使えない学生さんには、月1万円しない価格は非常に魅力的ですよね。でも安いにはわけがあるのです。レーザー脱毛に比べて光の威力が弱いのです。と言うのは脱毛効果も低いということ。つまり、一旦はツルツルになったとしてもまた前てくる可能性があるのです。

万が一事故があった際の適切な対応

レーザー脱毛がおすすめな理由として、医療機関で行われる医療行為であることがあげられます。本来脱毛とは医療行為なので、この方法が正しいのです。医療機関であるのでもちろん施術をするのは医療関係の知識を持った医師、もしくは看護師です。そのため安心して任せられますし、万が一炎症などが起こってもその場で適切な治療を受けられるので安心なのです。医療機関と提携しているエステも多いですが、医師が常駐しているわけではなく、トラブルがあったら紹介してもらえるという程度なのです。

レーザー以外の脱毛法も選べる

医療レーザーがおすすめな理由として他の脱毛法も選べることがあります。医療レーザーは黒い色に反応するので、ホクロやシミのある部分は脱毛できないことがほとんです。医療レーザーだけのクリニックもありますが、比較的大きなクリニックでは医療レーザーでも数種類を使い分けて照射しますし、レーザーが無理な色の濃いところなどは絶縁針脱毛など他の方法で処理できます。これならシミやほくろがあってもツルツルにできるのです。

医療レーザー脱毛は、医療行為のひとつであり、レーザー光線の力で毛穴にダメージを与え、ムダ毛の処理をスムーズに行うことができます。