男性型脱毛症、AGAは治療で治るってホント!?

抜け毛ホルモンのDHTを薬で撃退

男性型脱毛症と呼ばれるAGA。中年以降の男性に起こる脱毛症の多くがこれといわれています。原因が抜け毛ホルモンとも呼ばれるDHTの過剰発生です。これがヘアサイクルを乱したり皮脂を過剰に分泌させたりして、脱毛が進行していくのです。AGAはこのように原因がわかっているので、投薬治療で症状の改善が見込めます。具体的にはDHTを抑制する内服薬を飲んで抜け毛を抑えて、血行を促進して発毛を促す塗り薬を使うのが一般的な治療法です。

個人輸入でリーズナブル

ただ、AGAの治療は健康保険が使えないので高額な治療費が必要です。専門院であると高いところで月3万円、一般の皮膚科でも薬代だけで月8千円近くはかかると言います。しかもこの種の薬は一度飲み始めたら一生飲み続ける必要があるので、それなりに経済的余裕がないと治療の継続は難しいのです。そんな方に朗報です。個人輸入を使ってジェネリックを購入すれば、驚くほど低価格で同等の効果を得られるのです。ジェネリックは全く同じ成分ではないので、多少は違ってくるかもしれませんが、方向性としては同じ効果が期待できるのです。

規則正しい生活が大前提

投薬治療でAGAによる脱毛は解消できるはずですが、その大前提となっているのが規則正しい生活です。いくら効果のある薬を飲んでいても、食事は適当、睡眠不足、ストレスがたまったままという状態では、抜け毛も止まりませんので、発毛もできません。髪も体の一部、つまり細胞分裂して成長していることを忘れずに、栄養バランスの取れた食事、良質な睡眠、ストレスの発散などを心がけ、健康的な生活習慣へ改めることではじめて発毛に適した頭皮環境になることを忘れないことです。

短時間で施術できる上、体に負担がかかり難い光脱毛やレーザー脱毛は、医療脱毛の種類の中でも特に人気のある脱毛方法です。